子宮筋腫を治療する【女性悩み改善の救急車】

doctor

妊娠の確率を高くする薬

使用の効果と注意点

supplement

排卵誘発剤は、不妊治療を行っている女性にとって有効な治療薬の一つです。排卵誘発剤といっても、色々な種類のものがあり、患者のタイプや経過によって処方が異なってきます。元々排卵がしにくい状態にある女性や、体外受精や顕微受精などで多くの卵を一度に排卵させたい場合などについて、この治療薬はとても有効に働きます。しかし、服用によって起こる副作用にも注意しなければなりません。副作用の一つに、多胎妊娠の可能性が高くなるということです。排卵を誘発するための作用が強く効きすぎると、双子や三つ子などを妊娠する可能性があります。その他には、長期間の服用によって、卵巣が腫れてしまうことがあります。この場合、手術などで新たに治療することもあります。

期間を決める

以上のように、排卵誘発剤には排卵を促すメリットと多胎妊娠や卵巣に異常をきたすデメリットが両方あります。特に、排卵誘発剤の内服薬よりも効果が強い注射での薬注入では、体に大きな負担がかかります。そのため、もし体が辛い状態が続く場合は、一度治療を休むということも大事です。基本的に、排卵誘発剤の使用は半年を目処に、体の負担を考えて休ませることが多いです。また、妊娠しないストレスが溜まってしまうと、いくら有効な薬を使用していても成果が現れなくなることもあります。そのため、不妊治療は当事者にとっては辛い時間ですが、一度思いきって体を休息させたり、リフレッシュさせることで、妊娠の可能性を高めることもあります。

Copyright © 2015 子宮筋腫を治療する【女性悩み改善の救急車】 All Rights Reserved.